好印象を与える服装を心掛けよう

介護の仕事に採用される条件は整っているにもかかわらず、採用にこぎつけられない人が中にはいます。もしかすると採用されない原因が、面接時にあるかもしれません。
介護職の面接では、容姿に気を付ける必要があります。清潔感があって派手でない服装が望ましく、目立つ髪色や装飾類はできるだけ控えた方が賢明です。介護職員としては優秀な実力を持っているにもかかわらず、見た目で損をしている人は良く見かけられます。たとえ実力があっても、面接を通り職場にスタッフとして採用されなければ本来の能力を発揮するチャンスに恵まれません。
面接対策として見た目を改善してみると、これまで就職先がなかなか見つけられなかった人でも採用されるチャンスがあります。介護の面接対策として、うっかり見落としがないよう事前に鏡で見た目をチェックする心掛けが大切です。
面接前には大きな鏡の前で客観的に容姿を確認し、もし面接官に悪い印象を与えかねない要素があれば改善する必要があります。例えば派手な髪のカラーリングは黒く染め直し、できれば長髪も短くカットした方が採用に有利です。
また介護の仕事ではネイルも控えた方が望ましく、指先は面接官がチェックしているポイントの一つとして挙げられます。爪の手入れは面接対策のみならず、介護の仕事を始めるなら欠かせません。そのためファッションのため爪を長く伸ばしているようであれば、これからの介護の仕事の事も考えて短くカットすることが必要です。
身だしなみを含め、当然ながら面接の受け答えで相手に与える印象も重要です。人事の基準は人の数ほどあるといっても過言ではありません。「こうしたらいいだろう」と独りよがりになるのではなく、経験者の視点で語られる転職時に採用されるポイントを掴んでおくことが重要です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Powered by WordPress. Designed by Försäkra Online.