転職を繰り返している人が気をつけるべきこと

転職は長らく日本ではあまり良いものとされていませんでしたが、欧米の影響を受けて転職によりやりたい仕事を探すのが徐々に受け入れられてきています。
しかし、その結果として自分の働きたい職場を見つけられずに何度も転職を繰り返す人も見かけられるようになりました。最初のうちは採用されやすくてもだんだんと難しくなってしまい、最終的に求人募集の多い業界を求めた結果、介護職に辿り着く人もいます。
しかし、介護職であっても転職を繰り返している人は採用されずに苦労することは珍しくありません。転職先がないから介護職になるという人が仕事を始めてすぐに辞めてしまったり、現場で役に立たずにかえって邪魔になったりする経験をしているケースは多くあります。とはいえ、面接対策を十分に行うと解決できる可能性があります。
そのためには、転職の流れに首尾一貫性を持たせるのが重要になるでしょう。転職を繰り返していたとしても、それが相手に納得できる理由にもとづいていればそれほどマイナスの印象を与えずに済みます。
退職理由や志望理由は必ず面接で聞かれるものなので、面接対策でも筆頭にあがる重要事項でしょう。そこに全力を費やして、誰もが納得できる首尾一貫した転職の流れを作り、次のステップとして介護職が選んだと話せるようにするのが賢明です。
そして、それが転職の終着点だと伝えられれば転職を繰り返してきた過去も肯定的に捉えてもらえる可能性があります。本音はどうあっても、転職の経歴を魅力に変える努力が有効な対策です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Powered by WordPress. Designed by Försäkra Online.